当サイト管理人

主従関係のまま結婚したSM夫婦 S女とM男の主従関係のまま結婚。
夫は嫁の全ての世話。嫁は夫の射精管理。昼も夜もSM生活継続中!!
【サド嫁・花音】
【マゾ夫・倫太郎】

皆さんの周りにもきっと居る、隠れS女・隠れM男の生態を晒し、日本各地の射精管理が好きなS女M男の出会いエピソードを集めました。

Google+

終わらないエッチな授業

オススメ

次の授業は「お尻の穴で気持ちよくなる方法」早く来ないと定員オーバーよ♪

調教レッスン

M男募集サイト潜入分析

痴女Mania
痴女mania 分析痴女の変態願望で私のプライドはズタズタに!でもなんだろうこの満足感。。

続きを見る

Queen Hills
Queen Hills 分析S女性にアナルフィストされる喜びを貴方に。。

続きを見る

調教令嬢
調教令嬢 分析もりもりっ!モリモリッ!おむつ越しにうんちもらしてしまいました。

続きを見る

オスブタ箱
オスブタ箱 分析マニアックなS女多し!究極のマゾにはスペシャルフルコースの快楽地獄が待っていることでしょう。

続きを見る

調教レッスン
調教レッスン 分析女性上位の激しいセックス!完全受け身の騎乗位で超絶な腰振りで悶絶しました。。

続きを見る

RoseGarden
RoseGarden 分析セレブな女王様のM男探し。調教費用は女性持ち!?脅威の人権無視調教の始まりです。。

続きを見る

おしりクラブ
おしりクラブ 分析美女がペニバン着用でM男募集。前立腺がひん曲がりました。

続きを見る

男性会員が少なくて大変【SM痴女CLUB】
SM痴女CLUB 分析M男S女比が4:6!!大幅なM男募集が必要です。

続きを見る

ないしょのお医者さんごっこ
ないしょのお医者さんごっこ分析エッチでハードな白衣の天使から医療プレイを受けてみよう!

続きを見る

お問い合わせ

ご意見や相互リンクを募集しています。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

【初心者】尿道責めのやり方・注意点・道具

尿道責めとはその名の通り、主に男性の尿道を責めるプレイの事。
尿道オナニーのように、必ずしもその先にある前立腺を刺激して快感を与えるプレイではなく、尿道に異物が挿入されているという状況や、程よい痛み、排尿感などを与えてorパートナーに与えてもらって楽しみます。
もちろん前立腺を尿道から刺激してメスイキを達成する事も、プレイとして多く取り入れられています。
今回はそんな尿道責め・尿道プレイについて、正しいやり方と注意点・用意する物などをまとめました。

尿道責めの基本

尿道責めは射精をさせる、イかせるためのプレイではなく、単純に尿道への刺激を与えるプレイです。
先述の通り人によっては尿道責めによって継続して快楽を感じ、射精を促す事もあるそうです。
開発すれば強い快感を感じるようにもなりますが、尿道へ異物を挿入する事自体が人体にとって危険を伴うプレイなので、実践する場合は注意しなければいけません。

また、気持ちよさを感じるようになるまでにはある程度の痛みを伴なう事もあるため、SMプレイで女王様がM男性に向けた調教の一環として取り入れられます。
最初は多少の痛みや、鋭さを感じる細いカテーテルを、尿道に入れられる恐怖心がありますが、安全に気を使えば十分楽しめるプレイでもあります。
以下に正しい尿道責めの方法を見ていきましょう。

用意する物

尿道責めはカテーテルと呼ばれる道具と、挿入の際に摩擦を軽減させるジェルが必要になります。
カーテテルとはもともと治療のため医療用に開発された器具で、尿道内を傷つけないように柔らかい素材で出来ています。
ブジーと呼ばれる尿道責め用のアダルトグッズもありますが、これから始める人はカテーテルがオススメ。
男性用カテーテルと女性用のカテーテルがあり、長さが違うので男性用の物を用意しましょう。

挿入時に必要なジェルも医療用の潤滑ゼリーが開発されているので、まずはそちらを使うのが無難です。
アダルトグッズのローションでは、水分を吸収する特性があり乾きやすい種類もあるので挿入時に痛みを伴なう事があります。

正しいやり方

カテーテルとジェルの準備が出来たらいざ実践。
正しい手順で安全に責めていきましょう。

除菌・消毒

尿道も繊細でデリケートな部分です。
汚れた手で触ったり、手から媒介した黴菌がカテーテルに付着して尿道内に入り込んでしまうと炎症を起こしてしまう可能性があります。
まずは自分の手をしっかり洗ってアルコール除菌もすればパーフェクト。
不安な方はカテーテルも熱湯につけるなどして除菌しておきましょう。

ジェルをなじませる

尿道責めで痛みを感じる時は、ジェルが足らずにカテーテルと尿道に摩擦が生じている時です。
中で引っ掛からないように、カテーテル本体や尿道口にジェルを着けましょう。

勃起していない状態で挿入する

しっかりとジェルをなじませたら、尿道口を片手の人差し指と親指で広げ、ゆっくりとカテーテルを挿入していきます。
勃起した状態だとペニスの膨張によって尿道が引き締まっているので挿入し辛くなる事もあります。
まったく勃起していないフニャフニャな状態も入れづらいので、半立ちで尿道を一直線にさせるのが挿入のコツ。
初めての時でも興奮してしまい、ギンギンに勃起してしまう事もありますが、一度クールダウンさせましょう。

痛みを感じたらそれ以上挿入しない

挿入時に痛みや違和感があれば無理に挿入せず一度カテーテルを抜きましょう。
抜くときもゆっくりと丁寧に対処します。
痛みの原因は摩擦によって尿道内に負荷がかかっているため、改めてジェルを足すか、カテーテルを抜いた後の様子を見て再チャレンジしましょう。

注意点

尿道責めで注意したい、責める側が気を付けるべきポイントをまとめました。

サイズにあったカテーテルを使う

尿道はダメージを受けやすい部分なので、相手の許容範囲を超えるサイズを挿入するのはNGです。
より高い刺激を与えたいからと言って、自分勝手にキャパオーバーなサイズのカテーテルや棒状のアイテムを突っ込むと、怪我の原因となるので注意が必要です。

衛生面

医療用カテーテルは1回きりの使い捨てでであることが多く、一度使った物は雑菌が増殖するので再利用するのは危険です。
アダルトグッズのブジーを使う場合も終わった後はしっかり洗って、また使う場合もしっかり消毒するのが基本。
素手で行う場合も殺菌消毒し、医療用のゴム手袋を使うなど徹底しましょう。

挿入のお手本

尿道へカテーテルを挿入する際の医療用ハウトゥー動画がYoutubeに公開されています。
医療としての挿入方法なので、参考程度にご覧あれ。


カテゴリ:M男-その他のプレイ

連続射精体験談が話せる女装奴隷を募集

女装子

女装子といえども元は男の身体を持っていた人ですから、女装子と出会う場合はその相手の性欲を注視すべきでしょう。
なぜならニューハーフや男の娘などの利点は女性よりもセックスに積極的であるという部分が大きいからです。

なので私の場合は女装奴隷プレイができる相手を募集する時は、必ず連続射精体験談が話せるような元気な相手を探すようにしています。
性的倒錯プレイや女装プレイに興味がある層はそのての専門サイトに特によく集まっていますから、今は興味があればそういったサイトを使えば出会いもかなり手に入れやすいのが嬉しいところです。

続きを読む

カテゴリ:M男-その他のプレイ

包茎皮遊びにハマったM男の最期の日記

川遊び

夏は川遊びならぬ包茎皮遊びに夢中だったM男の私は、そろそろもうだめかもしれません。
心配せずともすでにだめだろうと突っ込まれてしまいそうですが、とにかく皮遊びのしすぎて陰茎がこの頃おかしいのです。

たとえばこれまでは皮オナや床オナに弱かった私が、今では女性に膣や手で強くしごかれないとイケない身体になってしまいました。
もっと詳しく言うなれば、仮性包茎ゆえにできる自慰行為ではまったく射精できない身体になってしまい、自分の身体の変化に驚いています。

続きを読む

カテゴリ:M男-その他のプレイ

金玉握りと足裏射精で大満足

足裏

女性に見下されながら射精することが生き甲斐の私は、女性から金玉握りと足コキを受けるのが大好きです。
特に脚コキの場合は足のつま先よりも足裏をしっかり使ってペニスをしごかれ、そのまま足裏射精するのがお気に入りです。

このような話をすると普通の女性はドン引きした上で私をSNSでブロックしてくると思いますが、実はそんな変態すぎる私でもありのままに受け止めてくれる女性というのがSMサイトでなら見つかりやすいのです。
こういったサイトには変わった性癖を共に理解し合おうとしている人ばかりが揃っていますので、その分仲良く楽しいお付き合いができる可能性が高いのです。

続きを読む

カテゴリ:M男-その他のプレイ

ペニス緊縛とM男調教日記を披露

緊縛

基本的にSM調教用の縄というのは身体のどの部位であっても大体頑丈に、綺麗な見た目で縛ることができるものです。
ちょうどこの間私の場合はSMサイトによく居るタイプの女王様にペニス緊縛を受けました。

M男調教の一環として陰茎緊縛をとり入れるのは、雌化調教などの倒錯したプレイを行う場合などでもとてもよく役立つものです。
性器を縄で縛ることで射精をしづらくなる上に、その見た目がよりマゾ男らしい外見を作ってくれることは、実はSMを楽しむ上で重要な部分なのです。

続きを読む

カテゴリ:M男-その他のプレイ

123

逆アクセスランキング

痴女サークルの実態とは

痴女サークルの実態とは

相互RSS

TOPに戻るTOPに戻る