当サイト管理人

主従関係のまま結婚したSM夫婦 S女とM男の主従関係のまま結婚。
夫は嫁の全ての世話。嫁は夫の射精管理。昼も夜もSM生活継続中!!
【サド嫁・花音】
【マゾ夫・倫太郎】

皆さんの周りにもきっと居る、隠れS女・隠れM男の生態を晒し、日本各地の射精管理が好きなS女M男の出会いエピソードを集めました。

Google+

さっさと跪きなさい!

オススメ

鬼畜女王様から調教されてみたいという男性すべてにおすすめしたい優良過激サイトでございます(倫太郎)

調教令嬢

M男募集サイト潜入分析

痴女Mania
痴女mania 分析痴女の変態願望で私のプライドはズタズタに!でもなんだろうこの満足感。。

続きを見る

Queen Hills
Queen Hills 分析S女性にアナルフィストされる喜びを貴方に。。

続きを見る

調教令嬢
調教令嬢 分析もりもりっ!モリモリッ!おむつ越しにうんちもらしてしまいました。

続きを見る

オスブタ箱
オスブタ箱 分析マニアックなS女多し!究極のマゾにはスペシャルフルコースの快楽地獄が待っていることでしょう。

続きを見る

調教レッスン
調教レッスン 分析女性上位の激しいセックス!完全受け身の騎乗位で超絶な腰振りで悶絶しました。。

続きを見る

RoseGarden
RoseGarden 分析セレブな女王様のM男探し。調教費用は女性持ち!?脅威の人権無視調教の始まりです。。

続きを見る

おしりクラブ
おしりクラブ 分析美女がペニバン着用でM男募集。前立腺がひん曲がりました。

続きを見る

男性会員が少なくて大変【SM痴女CLUB】
SM痴女CLUB 分析M男S女比が4:6!!大幅なM男募集が必要です。

続きを見る

ないしょのお医者さんごっこ
ないしょのお医者さんごっこ分析エッチでハードな白衣の天使から医療プレイを受けてみよう!

続きを見る

お問い合わせ

ご意見や相互リンクを募集しています。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

管理人おすすめSMサイト

痴女Mania

痴女に責められたい?
責められたいですよね。

ENTER
SM痴女クラブ

痴女は射精管理が大好き、
あなたも受けてみたら

ENTER
調教令嬢

女王様に調教されましょう。
自分に素直になりましょう

ENTER
Queen Hills

女王様にアナルを捧げましょう。
メスイキで新たな扉を開きましょう。

ENTER
やさしいSM倶楽部

SM初心者はここから
快楽が続く辛さを楽しみましょう。

ENTER
RoseGarden

美しいバラに調教されましょう。
トゲのあるバラは好きですか?

ENTER

新着記事

射精管理SNSでオナ禁達成

出会い系などで知り合った女とセックスしても、風俗で金払ってセックスしても、結局オナニーする時の方が快感に集中出来るし開放される気分がして都合がいい。

セックスもセックスで気持ちのは確かだが、相手の女の子に気を遣うし前戯とかめんどくさい。
もともと責められるのは好きだけど責めるのは好きじゃない。
そういった理由から、なんだかんだで風俗や出会い系の課金でお金を使うより、ネットでエロ動画見ながらオナニーしたほうが性に合ってた俺。

365日ほぼ毎日オナニーに明け暮れ、多い時では1日に4回以上。
たまーに風俗行ったり、出会いアプリで知り合った女の子とラッキーパンチでセックス出来たりはしたが、やっぱり何だか消化不良な感じがしてその数時間後にはオナニーで発散してた。
そんなセックスよりオナニーの方が楽しかった20代半ばの当時、オナニーのし過ぎが原因なのか、髪のツヤが無くなってハゲて来てビックリ。
まだまだ若者の自覚があったから結構危機感を感じて、即座に根拠なくまずはオナ禁しようと考えた。
オナ禁しようと思い立った当日の結果は散々で、目標は1か月って決めたのにその日の夜に我慢できずにオナニー。
賢者モードになって、自分で決めた事なのに初日からダメなんて情けないとか感じつつもオカズにしたエロ動画サイトをめぐっていると、射精管理がどうのこうのというバナー広告を発見。
今では射精管理というプレイの概要は理解しているが、当時のアホな俺はオナ禁する人をサポートするための、射精管理サービスなのかと思っていた。

なんてタイムリーな情報かと、興味を惹かれて思わずクリック。
サイトの中身を見てみると、射精管理がSMプレイの一環である事や、このサービスが射精管理に特化したSNSというか出会い系というか、そういったサービスなのだとすぐに理解。
どちらかっていうとMっ気はある自覚があったのでちょっと使ってみる事に。
登録はすぐに出来て、あとはサイトの使い方の説明通りに射精管理をしたい女性と、俺のように射精管理されたい男がやり取りをするコミュニティ内部へ進みました。
この射精管理系出会いSNSのサイトから受けた印象では、ドSで女王様気質な女性がいっぱいいるイメージだったが、一番最初にやり取りした女の子は実に礼儀正しく常識的。
運よく最初の女の子と打ち解けたのでそのままパートナーになる事になった。

射精管理って相方がオナニーしないようにしっかり管理してくれて、日々今日はオナニーしてないか、辛くはないか、などマネージャー的な事をしてくれるのかなと思っていたがまったくの逆。 パートナーからはオナニーさせようとエロ画像や動画を送られたり、「寸止めオナニーしろ」など命令もされる。
第一印象では礼儀正しい良い子だったその女の子も、次第にS女の頭角を表していくのが分かった。

結局、自分みたいなオナ禁出来ない男にとって自分の意思よりも誰か他人からの影響が無いと性根を入れてやれない事が分かった。
俺も射精管理というプレイに手を出してみて、Mっ気があるせいか知り合った女の子からの偉そうで無茶な命令も心地よく、射精させようとするイジワルも多かったがその分乗り越えた後の達成感は大きい。
その子と知り合って目標の一ヶ月は軽々クリアし、そのご褒美として実際に会って手コキでイカせてもらったが、やっぱり自分でオナニーする方がええわ。


カテゴリ:M男-射精管理
更新日時:2020/01/08

【初心者】尿道責めのやり方・注意点・道具

尿道責めとはその名の通り、主に男性の尿道を責めるプレイの事。
尿道オナニーのように、必ずしもその先にある前立腺を刺激して快感を与えるプレイではなく、尿道に異物が挿入されているという状況や、程よい痛み、排尿感などを与えてorパートナーに与えてもらって楽しみます。
もちろん前立腺を尿道から刺激してメスイキを達成する事も、プレイとして多く取り入れられています。
今回はそんな尿道責め・尿道プレイについて、正しいやり方と注意点・用意する物などをまとめました。

尿道責めの基本

尿道責めは射精をさせる、イかせるためのプレイではなく、単純に尿道への刺激を与えるプレイです。
先述の通り人によっては尿道責めによって継続して快楽を感じ、射精を促す事もあるそうです。
開発すれば強い快感を感じるようにもなりますが、尿道へ異物を挿入する事自体が人体にとって危険を伴うプレイなので、実践する場合は注意しなければいけません。

また、気持ちよさを感じるようになるまでにはある程度の痛みを伴なう事もあるため、SMプレイで女王様がM男性に向けた調教の一環として取り入れられます。
最初は多少の痛みや、鋭さを感じる細いカテーテルを、尿道に入れられる恐怖心がありますが、安全に気を使えば十分楽しめるプレイでもあります。
以下に正しい尿道責めの方法を見ていきましょう。

用意する物

尿道責めはカテーテルと呼ばれる道具と、挿入の際に摩擦を軽減させるジェルが必要になります。
カーテテルとはもともと治療のため医療用に開発された器具で、尿道内を傷つけないように柔らかい素材で出来ています。
ブジーと呼ばれる尿道責め用のアダルトグッズもありますが、これから始める人はカテーテルがオススメ。
男性用カテーテルと女性用のカテーテルがあり、長さが違うので男性用の物を用意しましょう。

挿入時に必要なジェルも医療用の潤滑ゼリーが開発されているので、まずはそちらを使うのが無難です。
アダルトグッズのローションでは、水分を吸収する特性があり乾きやすい種類もあるので挿入時に痛みを伴なう事があります。

正しいやり方

カテーテルとジェルの準備が出来たらいざ実践。
正しい手順で安全に責めていきましょう。

除菌・消毒

尿道も繊細でデリケートな部分です。
汚れた手で触ったり、手から媒介した黴菌がカテーテルに付着して尿道内に入り込んでしまうと炎症を起こしてしまう可能性があります。
まずは自分の手をしっかり洗ってアルコール除菌もすればパーフェクト。
不安な方はカテーテルも熱湯につけるなどして除菌しておきましょう。

ジェルをなじませる

尿道責めで痛みを感じる時は、ジェルが足らずにカテーテルと尿道に摩擦が生じている時です。
中で引っ掛からないように、カテーテル本体や尿道口にジェルを着けましょう。

勃起していない状態で挿入する

しっかりとジェルをなじませたら、尿道口を片手の人差し指と親指で広げ、ゆっくりとカテーテルを挿入していきます。
勃起した状態だとペニスの膨張によって尿道が引き締まっているので挿入し辛くなる事もあります。
まったく勃起していないフニャフニャな状態も入れづらいので、半立ちで尿道を一直線にさせるのが挿入のコツ。
初めての時でも興奮してしまい、ギンギンに勃起してしまう事もありますが、一度クールダウンさせましょう。

痛みを感じたらそれ以上挿入しない

挿入時に痛みや違和感があれば無理に挿入せず一度カテーテルを抜きましょう。
抜くときもゆっくりと丁寧に対処します。
痛みの原因は摩擦によって尿道内に負荷がかかっているため、改めてジェルを足すか、カテーテルを抜いた後の様子を見て再チャレンジしましょう。

注意点

尿道責めで注意したい、責める側が気を付けるべきポイントをまとめました。

サイズにあったカテーテルを使う

尿道はダメージを受けやすい部分なので、相手の許容範囲を超えるサイズを挿入するのはNGです。
より高い刺激を与えたいからと言って、自分勝手にキャパオーバーなサイズのカテーテルや棒状のアイテムを突っ込むと、怪我の原因となるので注意が必要です。

衛生面

医療用カテーテルは1回きりの使い捨てでであることが多く、一度使った物は雑菌が増殖するので再利用するのは危険です。
アダルトグッズのブジーを使う場合も終わった後はしっかり洗って、また使う場合もしっかり消毒するのが基本。
素手で行う場合も殺菌消毒し、医療用のゴム手袋を使うなど徹底しましょう。

挿入のお手本

尿道へカテーテルを挿入する際の医療用ハウトゥー動画がYoutubeに公開されています。
医療としての挿入方法なので、参考程度にご覧あれ。


カテゴリ:M男-その他のプレイ
更新日時:2019/12/24

【浣腸体験談】看護師さんから浣腸してもらった話をエロ目線で語る

腸に違和感や痛みがあって手術を受ける事になった私、36歳独身工場勤務な男の、ちょっと興奮した浣腸話です。
手術の1日前ぐらいには入院となり、自分の担当になった看護師さんはちょっと若めの女性でそこそこ美形な方が付いてくれました。
前日に足の毛と陰毛を剃らなければならないので、剃れる部分はお風呂の時に剃ってください。そう言われたのでその日、病院のお風呂で一人ジョリジョリしました。
お風呂からあがり、しばらくすると看護師さんがやってきて、
「剃り残しの確認しますね。この場で処理しますか?それとも処置室で行いますか?」
と。
自分よりも年下な女の子が、毛の処理具合を確認すると。
今しがたパイパンになった私のチンポを見てもらえると。
この時点でちょっとドキドキしながらも恥ずかしさの方がまだ勝っていました。
入院した病室は4人の共同部屋だったので、処置室で見てもらう事にしました。
処置室に2人で入る事になり、その時点で結構心臓は高鳴っていますが、空気を読んだ私のチンポは勃起はせずいい子にしています。
そしてベッドに横になり、妊婦さんが出産する時のように膝を立ててまたを開くように指示されました。
その後スルスルとズボンを脱がされ、我がパイパンチンポが露わになります。
この時の恥ずかしさは36年間の人生の中で一二を争うレベルでした。
「はい、きれいに剃れていますね」
そう看護師さんが言うとあっという間にズボンを上げられ、多少チンポを触って玉の裏側とかチェックしてもらえるのかと期待していたのでちょっとガッカリ。
結構あっけなく終わって翌日に手術を迎える事になりました。
その日の夜、明日の手術の緊張よりも、若くて美形な看護婦さんにパイパンチンポを見られたこの興奮が冷めやらず、なんだか悶々とした夜を過ごしました。

次の日、看護師さんがやってきて
「これから浣腸しますのでトイレに来てください」
そういうのでフラフラと付いていきました。
車いすの方でも入れるような大きなスペースのトイレで若い看護師さんとまた二人きり。
色々と準備をしている姿を後ろから眺めながら、どうすればいいのか聞いてみると、
「こちらに横になって、足を抱くような体制になってください」
トイレのすみに一畳ぐらいの簡易ベッドへ促されそこへ言われた通り胎児のような恰好で横になります。
あぁ、昨日はパイパンチンポを、今日はアナルを見られるのか、と妙な背徳感というか情けなさというか、複雑な感情がありました。
そして、浣腸のチューブの先が肛門に入りやすくなるよう、口は開けて顎の筋肉を緩め、ゆっくりと呼吸するよう言われました。
この時、ちょっとビビっていたのか、私のチンポは皮の中に隠れるほど縮こまっており、さらに恥ずかしさや情けなさが加速します。
大体15秒ぐらいたったでしょうか。
「はい、終わりましたよ」
その優しい声を聴いていったんの緊張は解けます。
「では排便が終わったら出てきてくださいね」
そういうと、やはり颯爽とトイレを出て行く看護師さん。
おお、放置プレイのようだ、と感じていると早速便意がきました。
ベッドからすぐに便座へ移動し、ブリブリとウンチを出す私。
自分よりも年下の女の子にチンコを見られ、浣腸され、用が済んだらすぐいなくなり、残った私はウンコしてる。
何という羞恥・屈辱・背徳感。
先ほどまで皮の奥深くに隠れていた私の息子は、気付いた時にはすでに勃起していました。
人間、どこに興奮する要素があるか分かりませんよね。
もちろん、ウンコを出してそのついでにシコって精子も出しときました。


カテゴリ:M男の体験談
更新日時:2019/12/19

【射精管理】意外に知らない寸止めの危険性

パートナーに射精管理をされてイキたくてもイケない状況を楽しんだり、オナニ―中に寸止めして長時間快楽を味わったり、男であればこの内のどれかはやった事があると思います。
しかし体が射精をしようとしているのに無理やり押さえつけるという事は、身体に対して負担を掛けている事を知っている人は多くありません。
オナニーをする男性なら、毎回のオナニーで結構毎回のように寸止めしている人も多いのですが、その危険性やリスクに関してはあまり知られていないので、ここで紹介していきましょう。

寸止めリスク

オーガズムに至る一歩手前でシゴいたりピストンをやめる事で、イク前の込みあがる快感をずっと味わえる射精テクニック「寸止め」。
精子を外に出そうと体が反応し、股間の各器官が稼働しているところを強制的に押し戻すのが射精の寸止めです。
より長い時間楽しむために多くの男性がやっていますが、案外多くのリスクは潜んでいるのです。
その主な項目をピックアップしました。

逆行性射精

寸止めは尿道を通って外に出ようとしている精子を強制的に押し戻す、という事をしています。
外に出なかったとしても、寸止めをする事で尿道内などの深部には精子は来ており、それを抑えつけることで精子が膀胱へと逆流してしまいます。
射精時には閉じているはずの膀胱の機能(膀胱頸部)が開いたままになりなる事で逆流が起こりますが、多少の精子が膀胱に入っても排尿時に出て行ってしまうので問題はありません。
ですが、逆行性射精は射精した精子の量が減り、重度になれば全く精子が出てこない状況にもなる危険性があります。
逆行性射精は薬の投与で治療が可能ですが、放っておくと不妊や射精障害などの弊害も生まれてきます。

尿道炎・膀胱炎

逆行性射精は、時に尿道炎や膀胱炎も引き起こします。
寸止めオナニーによって逆行性射精が頻発すると、膀胱や尿道へ過度に負担が掛かり、膀胱炎や尿道炎にかかる可能性は十分です。
男性の場合、女性よりも尿道が長い分、そういった症状にはなりにくいとは言われていますが、それでも逆行性射精によって尿道炎にかかる男性は多くなっています。
そして尿道炎は繰り返し症状が出てしまう癖のある病気なので、一度治ったからと言って安心しているとすぐに症状をぶり返す事がある厄介な病気でもあります。
最初の一回目にかからないように、寸止めオナニーもほどほどにしましょう。

精巣炎

射精の寸止めを続けると、精巣にも負担が掛かり精巣炎をまねきます。
精巣炎はひどくなると風船のように晴れ上がり、最悪睾丸を摘出して精子を作れなくなるという深刻な状態にもなるので、睾丸に違和感がある場合はすぐに医師の診察を受けましょう。
また、精巣へのガンを発症する事もあり、どちらも精巣の摘出を以って治療とします。

前立腺炎

射精の寸止めによって、前立腺炎のリスクもあります。
前立腺炎になると膀胱や陰茎、下腹部などに違和感や痛みが生じるようになり、おしっこ後の残尿感や頻尿、排尿での痛みなども症状として現れます。
精巣炎と同様に、前立腺ガンを起こす可能性もあるので、体の変化には十分注意しましょう。


カテゴリ:S女-射精管理
更新日時:2019/12/09

SMにおけるCBTとは?M男の股間を虐める拷問プレイ

皆さんは「CBT」という言葉を知っていますか? 普段何気なくCTBと言っている方も何の言葉なのか、どういう意味を持っているのかちゃんと理解している人は少ないと思います。 「CBT」とは、ペニスと睾丸の拷問と言う言葉の略語で、

C:Cock(コック) ペニス
B:Ball(ボール) 睾丸
T:Torture(トーチャー) 拷問

「Cock Balls Torture」の略です。 男性のペニスに対して女性が虐めるすべてのプレイに対して呼ぶことが出来、内容は多岐にわたります。 ペニスや睾丸は男性を象徴する部位であり、性的な快感を感じられる部分である一方で最も痛みを感じやすい弱点でもあります。 そんな部位を虐待や支配される感覚を楽しむのがCBTです。 今回は知っているようで知らないCBTについて見ていきましょう。

男性によって耐性が違う

痛みに対する耐性は人それぞれ違うので、ペニスや睾丸を虐めると言ってもやたらと攻撃的な責めをしていいワケではありません。 逆に極度の拷問も求めるM男性に対しても、ブレーキを掛けれる女王様であるべきだと思います。 ロープやロウソク、鞭などのオーソドックスなSMプレイとは違ってペニスや睾丸といった性器は大事な部位です。 自分の耐久度を良く理解し、受けてはいけないダメージのレベルを把握したうえでプレイに臨むのが大事。 女王様は相手が喜んだり自分の気分が良いからといって、度を超えた拷問をしないようにセーブする技量が求められます。

SMだけじゃないCBT

最近はあまり見かけなくなりましたが、テレビのバラエティ番組などの罰ゲームでチ〇コマシーンなどと言った、男性の股間を攻撃して笑いにするというシーンがあります。 プロ野球の珍プレーを集めた番組にも、選手の股間にボールがヒットして悶絶するシーンは毎回のように組み込まれ、それが流れるとスタジオでは笑いが起きました。 また、海外では「Kicked in the nuts」という番組で一般の素人男性の股間をスタッフが蹴り、番組名の書かれたボードを見せてドッキリのネタばらしをするという“やらせ”映像が話題になった事もあります。 これらを視聴して笑っている人たちが「CBT」という意識をどれだけ持っているかは不明ですが、 このようにSM以外でもCBTは展開されており、その下品さや分かりやすい下ネタという点から一般にも浸透しているように思えます。


カテゴリ:S女-苦痛
更新日時:2019/11/29

234

その他の新着投稿

オススメM男募集サイト

SMサイト神7の更新状況

痴女サークルの実態とは

痴女サークルの実態とは

相互RSS

TOPに戻るTOPに戻る